ASAGAYA SPIDERS OFFICIAL

阿佐ヶ谷スパイダース遊覧文庫vol.1
『下北沢のみち』
2022年11月12日(土)〜23日(水·祝)
 
主催:一般社団法人阿佐ヶ谷スパイダース
協力:本多劇場グループ

阿佐ヶ谷スパイダース遊覧文庫vol.1
『下北沢のみち』
2022年11月12日(土)〜23日(水·祝)
 
主催:一般社団法人阿佐ヶ谷スパイダース
協力:本多劇場グループ

 
〝阿佐ヶ谷スパイダース遊覧文庫〟とは?
 
 阿佐ヶ谷スパイダースが劇団員総出で複数の企画の立ち上げから準備、開催までを行う、通常の演劇公演とは一味も二味も違う番外公演、それが〝阿佐ヶ谷スパイダース遊覧文庫〟。
 本棚から自分好みの文庫を手に取るような、そんな感覚でたくさんの企画から興味のあるものをひとつ、ふたつと参加者の方々に選んでいただき参加をしていただきます。企画によっては、予約・料金は不要なので、通りすがりにふらっと立ち寄ることもできます。
 今回の舞台は演劇の聖地・下北沢。街にも飛び出す演劇をということで劇場だけでなく商店街や広場へと空間を広げていきます。11月12日〜23日までの間、様々な企画が催されます。
 演劇のプロフェッショナルだけでない阿佐ヶ谷スパイダースの特性を生かし、街と繋がり、時には子どもも大人も一緒になって演劇を身近に感じたりと、人と人とが出逢う場所を様々な企画を通して探っていきます。
 
 

  開催企画

314441624_1152302742377150_8761009105847659839_n_20221108112725759.jpg 314715505_644817287124796_1205662472965699002_n_20221108112748255.jpg 313915855_602746338317375_8044838702466577785_n.jpg 314697049_1162786484325277_7789124784408578601_n_20221108112806212.jpg 314524459_1384873818923342_3779269048807195786_n_20221108112824971.jpg 314772528_1755999614770726_6395727134397999018_n_20221108094533775.jpg 314930253_530894668482903_8763676789332731174_n_20221108112845184.jpg 314824560_616109040267733_1198270196459775857_n.jpg 314894208_1787423898301465_6848705707519468169_n_20221108112903613.jpg 313371905_3277319135868291_466500100068471375_n_20221108112920684.jpg 313833049_1184939552147427_680694782720744096_n_20221108112938260.jpg img_3155.jpg

発行:ぴあ株式会社

 
熱帯の森に住むイタズラ大好きの奇妙な生き物ペックとスメル。彼らを呼び出して遊んでみませんか?彼らと会うためにはまずは「熱帯の森」が必要なようです。何もないこの空間に森を作り出しましょう。きっと彼らが通りすぎます。さあ、もっと彼らをよく見るために、お次は何を作りましょうか。阿佐ヶ谷スパイダースが初めて作る子どもも大人も楽しめる親子参加型作品です。

 

◉開催日時:
11/12㈯11時半~12時半※プレビュー公演のため無料)
本編終了後にお客様からご意見ご感想をいただく時間を設けます。(約20分ほどを予定)
11/13㈰14時~15時
11/20㈰11時~12時
11/22㈫11時半~12時半
      
◉開催場所:本多スタジオ
◉料金:親一人子一人で2000円/一人追加につき500円(プレビュー公演は無料)
◉テキスト・演出:長塚圭史
◉構成:阿佐ヶ谷スパイダース
◉出演者:中山祐一朗・木村美月・大久保祥太郎・志甫まゆ子・内藤ゆき
 

2011年に上演された長塚圭史作『荒野に立つ』。この戯曲のセリフを俳優と共に発することで劇世界の新たな一面に触れてもらうための体験型ワークショップ。
戯曲デジタルアーカイブ(外部リンク)にて『荒野に立つ』を読むことができます。そして、「これは実際に声に出して読んでみたい」「読むならこの役かな」などと思いましたら、是非このワークショップにご参加ください。演劇未経験の方大歓迎です!
 

 

◉開催日時:11/12㈯ 18時半~21時
      11/13㈰  18時半~21時
      11/19㈯ 11時~13時半
      11/23(水•祝) 11時~13時半
 
◉開催場所:本多スタジオ
◉料金:3000円
◉講師:伊達暁・内藤ゆき他

若者と劇団員との座談会や、地元の方々と企画する盆踊り・創作秘話などを語らう座談会企画。
 

 

語り場①【アサスパVSワカモノ座談会】
 
阿佐ヶ谷スパイダースのメンバーと10代~20代の若者たちが、最近の演劇界のことや、アサスパメンバーに聞いていみたいことなどをざっくばらんにおしゃべりします。この座談会は観覧することもできますので、気軽に遊びに来てください。
 
◉開催日時:11/13㈰ 16時半~18時
◉開催場所:本多スタジオ
◉座談会参加者:阿佐ヶ谷スパイダース劇団員と16歳~24歳の演劇好きな方々
◉観覧料:無料
◉予約:不要

 

語り場②【下北沢秋の盆踊りが出来るまで】
 
◉開催日時:11/19㈯ 19時~20時
◉開催場所:本多スタジオ
◉ゲスト:鈴木光介(時々自動)・スズキ拓朗(CHAiroiPLIN)・本多愼一郎(本多劇場グループ総支配人)
◉劇団員:長塚圭史・中山祐一朗ほか
◉観覧料:無料
◉予約:不要

夜も更けた時刻にオープンする過去の阿佐ヶ谷スパイダースの公演を劇団員と一緒に鑑賞する上映会。上映の前後にはトークショーもあります。
 

◉開催日時:
11/18㈮ 20時半~23時半頃(上映作は『荒野に立つ』
11/19㈯ 20時半~23時半頃(上映作『十字架』
11/22㈫ 21時~24時頃(上映作『老いと建築』
 
◉開催場所:本多スタジオ
◉料金:無料
◉参加者:阿佐ヶ谷スパイダース劇団員

 
ジンギスカン専門店Gakuyaで上演される短編芝居。向田邦子のエッセイの語りから始まり、次第に芝居の世界へと物語は進んでいきます。
 

◉開催日時:11/18㈮ 12時~15時(無料公開リハーサル)
      11/19㈯ 11時~12時
      11/20㈰ 12時半~13時半
      11/21㈪ 18時~19時
      11/23(水•祝) 11時半~12時半
 
◉開催場所:ジンギスカンGakuya
◉料金:2500円
◉構成・演出:李千鶴
◉出演:大久保祥太郎・木村美月・富岡晃一郎・中山祐一朗・李千鶴・太田緑ロランス

語り部と共に、開発により姿を変えていく下北沢の各所を参加者と歩き巡っていきます。下北沢という土地の歴史、記憶をたどっていく中で個人史も再発見していきます。
 

◉開催日時: 11/19㈯ 14時~15時半
       11/20㈰ 10時半~12時、 13時半~15時
       11/23(水•祝) 14時~15時半 
 
◉集合場所:本多スタジオ前
◉集合時間:開催時間の10分前
◉料金:1500円
◉案内人:森一生

公演期間中、中山祐一朗と長塚圭史が下北沢の飲食店でアルバイトを計画。もしかしたら二人が一緒に働いているかも!?
 

◉開催場所:ジンギスカンGakuya
◉バイト:中山祐一朗・長塚圭史

2023年秋、長塚圭史が書き下ろす阿佐ヶ谷スパイダースの新作のための序曲。「鶏頭(ケイトウ)」というのは花の名前ですが、この序曲の中では現象として語られます。我々が普段見ていないけれど実ははっきりとそこにある世界が、突如として眼前に浮かび上がるそうです。この奇妙な現象が街を少しずつ侵食します。新作公演のための草案が遊覧文庫など各所で行われているイベントの合間にそっとあなたに忍び寄ります。
 

◉開催日時: 不定
◉開催場所:不定
◉料金::無料
◉テキスト:長塚圭史
◉出演:大久保祥太郎&阿佐ヶ谷スパイダース

劇団員で写真家でもあるaka Evaが公演期間中の日々、劇団員や下北沢の街並みを撮影。その写真を各会場にどんどん掲示していく写真展。購入も可能です。
 

【開催場所】
◉本多スタジオ 11月18日(金)〜23日(水•祝)
◉ジンギスカンGakuya 11月18日(金)〜23日(水•祝)
◉小劇場楽園 11月18日(金)〜23日(水•祝)
◉小劇場B1 11月21日(月)、22日(火)
◉シアター711 11月21日(月)、22日(火)
 
【購入について】
販売時間は各劇場の公演時間帯(劇場開場時、終演後)、遊覧文庫営業時になります。
※小劇場楽園、シアター711(21日のみ)に貼られている写真を購入ご希望の場合は、お手数ではございますが購入する写真を剥がして、本多スタジオやジンギスカンGakuyaなど他劇場の販売時間にお持ち込みいただき、代金をお支払いください。
 
【価格】(写真は全て厚口の紙に印刷しています)
ハガキ= 100円
A5サイズ = 200円
A4サイズ = 300円
※お釣りの無いようにお支払いいただきますようお願い申し上げます。
 
みなさまのご来場お待ちしております!

手紙など言葉の紛れ込んだ古書を売る幻の書店。各会場で古本の他にもグッズなどを販売。昔ながらの手作り紙芝居も披露。
 

◉開店日:11/12㈯~11/23(水•祝)
◉定休日:11/15(火)~11/17(木)

大人と子どものコンテンポラリーダンス。中山祐一朗からのリクエストで舞台・テレビで活躍中のダンサー・振付家のスズキ拓朗さんが振付を担当。新作おどる童謡『大きなふるどけい』を上演。
 

◉開催日時:11/20(日) 18時~18時半
 
◉開催場所:小劇場B1
◉料金:無料
◉予約:不要
◉演出・振付・出演:スズキ拓朗(CHAiroiPLIN)
◉出演:中山祐一朗・志甫まゆ子・智順・こども

 

▲ スズキ拓朗

劇団メンバーの俳優が一人きりで小説・戯曲・エッセイなどを読んで聞かせる読み語り企画。劇場やスタジオ、ジンギスカン屋など下北沢各所で繰り広げられるバラエティ豊かなものがたりを是非ハシゴしてみませんか。スペシャルゲストもお楽しみに!
 

11/12㈯ 15:00~17:30
 
【ソロ読みFIRST】
『ああ無情』(ポプラ社刊)
 作/ビクトル・ユゴー
 文/大久保 昭男
 絵/むかいながまさ
◉出演:大久保祥太郎
〜自身の原点であるあのミュージカルの原作を読む!〜

【ソロ読み2】
太宰治『きりぎりす』
◉出演:李千鶴
~私は、私のどこが、いけないのか、わからないの。太宰の自戒小説を読む~

【トークショー】
「劇団の横暴について劇団員で語る!」
◉出演:大久保祥太郎、李千鶴、木村美月ほか阿佐ヶ谷スパイダースの面々
 
◉開催場所:本多スタジオ  
◉料金:2500円

 
 

11/14㈪ 16:00~17:30
 
【ソロ読み3】
深田祐介『スチュワーデス物語』
◉出演:富岡晃一郎
〜憧れの80年代へトミーがあなたを誘う〜

➕【トークショー】
「トミーの朗読の感想と、演劇団体のスタートアップを語る!」
◉ゲスト:松村武(劇団カムカムミニキーナ主宰)
◉聞き手:村岡希美・富岡晃一郎
 
◉開催場所:小劇場楽園
◉料金:1500円

▲ 松村武

 
 

11/14㈪ 19:00~21:30
 
【ソロ読み4】
徳永京子『「演劇の街」をつくった男 本多一夫と下北沢』
◉出演:森一生
〜このたび下北沢を調べ尽くしている森一生がその研究成果と本多一夫の偉業を読む!〜

➕【トークショー】
「下北沢の街を語らう」
◉聞き手:森一生&村岡希美・富岡晃一郎・長塚圭史
・第一部 ゲスト 本多一夫(本多劇場グループ代表)
・第二部 福澤諭志・中山祐一朗ほか
 
◉開催場所:小劇場楽園
◉料金:2000円

発行:ぴあ株式会社

 
 

11/19㈯ 13:00~14:10
 
【ソロ読み5】
森茉莉『贅沢貧乏』
◉出演:木村美月
〜読書をこよなく愛す木村美月が時代を超越した才女・森茉莉を読む!〜

➕【トークショー】
「木村美月の読書の部屋」
◉ゲスト: 須貝英
 
◉開催場所:ジンギスカンGakuya
◉料金:1500円

▲ 須貝英

 
 

11/20㈰ 14:00~15:00
 
【ソロ読み6】
諏訪哲史『アサッテの人』
◉出演:中村まこと
~哲学の時間。変な性癖を持つ中村の悩みを解脱した問題作を読む~
◉開催場所:ジンギスカンGakuya
◉料金:1500円

 
 

11/21㈪ 16:00~17:30
 
【ソロ読み7】
齋藤陽道『声めぐり』
◉出演:志甫まゆ子+マザーズ(清水あいみ+下村はるか)
〜聾する身体を持つ写真家の世界が手話によって開かれていく奇跡を読む〜

➕【トークショー】 
「『声めぐり』と出逢って」
◉ゲスト:奥貫薫
◉聞き手:志甫まゆ子・マザーズ・長塚圭史
 
◉開催場所:小劇場B1
◉料金:1500円

▲ 奥貫薫

 
 

11/21㈪ 19:30~21:00
 
【ソロ読み8】
モンゴメリ (村岡花子訳)『赤毛のアン』
村岡花子エッセイ集
村岡恵理『アンのゆりかご』
◉出演:村岡希美
〜村岡花子のおはなしのくに・赤毛のアンとの夕べ〜 

➕【トークショー】 
「赤毛のアンとの夕べ」
◉ゲスト:村岡恵理(作家)
◉聞き手:村岡希美・長塚圭史
 
◉開催場所:小劇場B1
◉料金:2500円

▲ 村岡恵理

 
 

11/22㈫ 14:00~16:00
 
【ソロ読み9】
三好十郎『浮標』
◉出演:長塚圭史
〜2011年より向き合い続けた三好十郎の『浮標』を読む〜 

➕【トークショー】 
「『浮標』との歩み、下北沢との歩み」
◉ゲスト:伊藤達哉(ゴーチ・ブラザーズ代表)
◉司会:富岡晃一郎・村岡希美
 
◉開催場所:小劇場B1
◉料金:2500円

 
 

11/22㈫ 16:30~17:30
 
【ソロ読み10】
原田ひ香『ランチ酒』
西加奈子 『ごはんぐるり』
神田茜『下北沢であの日の君と待ち合わせ』/光文社
◉出演:中山祐一朗
〜ソロ読みに向けて読書欲に火がついた!中山祐一朗が読む心震わす3作〜
◉開催場所:シアター711
◉料金:1500円

 
 

11/22㈫ 18:30~20:30
 
【ソロ読み11】
『希望という名のアナログ日記』から「それぞれのウィーン」「言葉のない会話」
『くまちゃん』から「こうもり」
◉出演:木村美月・村岡希美・長塚圭史
〜木村美月が選んだ珠玉の角田光代作品を3人で読みます〜 
➕【トークショー】 
「角田光代さんと語らう小説と演劇と朗読と」
◉ゲスト:角田光代(作家)
◉聞き手:木村美月・村岡希美・長塚圭史
 
◉開催場所:小劇場B1
◉料金:2500円

▲ 角田光代
写真:垂見健吾

 
 

11/23(水•祝)13:00~14:00
 
【ソロ読み12】
山口路子『シャネル哲学 ココ・シャネルという生き方 再生版』
◉出演:智順
〜女性を解放した伝説のファッションデザイナーの生き様をジンギスカン店で読む!〜
◉開催場所:ジンギスカンGakuya
◉料金:1500円 

 
 

11/23(水•祝)14:30~15:40
 
【ソロ読みFINAL】
木下順二『巨匠』
◉出演:伊達暁
〜芸術家の精神を描いた日本演劇界の巨匠を読む!〜
◉開催場所:ジンギスカンGakuya
◉料金:1500円     

 
熱帯の森に住むイタズラ大好きの奇妙な生き物ペックとスメル。彼らを呼び出して遊んでみませんか?彼らと会うためにはまずは「熱帯の森」が必要なようです。何もないこの空間に森を作り出しましょう。きっと彼らが通りすぎます。さあ、もっと彼らをよく見るために、お次は何を作りましょうか。阿佐ヶ谷スパイダースが初めて作る子どもも大人も楽しめる親子参加型作品です。
 

◉開催日時:
11/12㈯11時半~12時半
(※プレビュー公演のため無料)
本編終了後にお客様からご意見ご感想をいただく時間を設けます。(約20分ほどを予定)
 
11/13㈰14時~15時
11/20㈰11時~12時
11/22㈫11時半~12時半
      
◉開催場所:本多スタジオ
◉料金:親一人子一人で2000円/一人追加につき500円(プレビュー公演は無料)
◉テキスト・演出:長塚圭史
◉構成:阿佐ヶ谷スパイダース
◉出演者:中山祐一朗・木村美月・大久保祥太郎・志甫まゆ子・内藤ゆき
 

 
「目玉をなくしたのは君か」
と目玉の探偵は聞く。
「いえ、こうしてあるにはあるのですが」
と答えると、目玉の探偵はにやにや笑って、
「ほら、やっぱり目玉をなくしている」
と言った。


2011年に上演された長塚圭史作『荒野に立つ』。この戯曲のセリフを俳優と共に発することで劇世界の新たな一面に触れてもらうための体験型ワークショップ。
戯曲デジタルアーカイブ(外部リンク)にて『荒野に立つ』を読むことができます。そして、「これは実際に声に出して読んでみたい」「読むならこの役かな」などと思いましたら、是非このワークショップにご参加ください。演劇未経験の方大歓迎です!
 
▶️ 戯曲はこちらからお読みいただけます。
 

◉開催日時:
11/12㈯ 18時半~21時
11/13㈰ 18時半~21時
11/19㈯ 11時~13時半
11/23(水•祝) 11時~13時半
 
◉開催場所:本多スタジオ
◉料金:3000円
◉講師:伊達暁・内藤ゆき他
 

若者と劇団員との座談会や、地元の方々と企画する盆踊り・創作秘話などを語らう座談会企画。
 

 

語り場①
【アサスパVSワカモノ座談会】
 
阿佐ヶ谷スパイダースのメンバーと10代~20代の若者たちが、最近の演劇界のことや、アサスパメンバーに聞いていみたいことなどをざっくばらんにおしゃべりします。この座談会は観覧することもできますので、気軽に遊びに来てください。
 
◉開催日時:
11/13㈰ 16時半~18時
◉開催場所:本多スタジオ
◉座談会参加者:阿佐ヶ谷スパイダース劇団員と16歳~24歳の演劇好きな方々
◉観覧料:無料
◉予約:不要

 

語り場②
【下北沢秋の盆踊りが出来るまで】
 
◉開催日時:
11/19㈯ 19時~20時
◉開催場所:本多スタジオ
◉ゲスト:
鈴木光介(時々自動)
スズキ拓朗(CHAiroiPLIN)
本多愼一郎(本多劇場グループ総支配人)
◉劇団員:
長塚圭史・中山祐一朗ほか
◉観覧料:無料
◉予約:不要

夜も更けた時刻にオープンする過去の阿佐ヶ谷スパイダースの公演を劇団員と一緒に鑑賞する上映会。上映の前後にはトークショーもあります。
 

◉開催日時:
11/18㈮ 20時半~23時半頃
(上映作は『荒野に立つ』
11/19㈯ 20時半~23時半頃
(上映作は『十字架』
11/22㈫ 21時~24時頃
(上映作は『老いと建築』
 
◉開催場所:本多スタジオ
◉料金:無料
◉参加者:
阿佐ヶ谷スパイダース劇団員

 
ジンギスカン専門店Gakuyaで上演される短編芝居。向田邦子のエッセイの語りから始まり、次第に芝居の世界へと物語は進んでいきます。
 

◉開催日時:
11/18㈮ 12時~15時
(無料公開リハーサル
 
11/19㈯ 11時~12時
11/20㈰ 12時半~13時半
11/21㈪ 18時~19時
11/23(水•祝) 11時半~12時半
 
◉開催場所:
ジンギスカンGakuya
◉料金:2500円
◉構成・演出:李千鶴
◉出演:大久保祥太郎・木村美月・富岡晃一郎・中山祐一朗・李千鶴・太田緑ロランス

語り部と共に、開発により姿を変えていく下北沢の各所を参加者と歩き巡っていきます。下北沢という土地の歴史、記憶をたどっていく中で個人史も再発見していきます。
 

◉開催日時:
11/19㈯ 14時~15時半
11/20㈰ 10時半~12時
              13時半~15時
 11/23(水•祝) 14時~15時半 
 
◉集合場所:本多スタジオ前
◉集合時間:開催時間の10分前
◉料金:1500円
◉案内人:森一生

公演期間中、中山祐一朗と長塚圭史が下北沢の飲食店でアルバイトを計画。もしかしたら二人が一緒に働いているかも!?
 

◉開催場所:
ジンギスカンGakuya
◉バイト:
中山祐一朗・長塚圭史

2023年秋、長塚圭史が書き下ろす阿佐ヶ谷スパイダースの新作のための序曲。「鶏頭(ケイトウ)」というのは花の名前ですが、この序曲の中では現象として語られます。我々が普段見ていないけれど実ははっきりとそこにある世界が、突如として眼前に浮かび上がるそうです。この奇妙な現象が街を少しずつ侵食します。新作公演のための草案が遊覧文庫など各所で行われているイベントの合間にそっとあなたに忍び寄ります。
 

◉開催日時: 不定
◉開催場所:不定
◉料金::無料
◉テキスト:長塚圭史
◉出演:大久保祥太郎&阿佐ヶ谷スパイダース

劇団員で写真家でもあるaka Evaが公演期間中の日々、劇団員や下北沢の街並みを撮影。その写真を各会場にどんどん掲示していく写真展。購入も可能です。
 

【開催場所】
◉本多スタジオ
 11月18日(金)〜23日(水•祝)
◉ジンギスカンGakuya
 11月18日(金)〜23日(水•祝)
◉小劇場楽園
 11月18日(金)〜23日(水•祝)
◉小劇場B1
 11月21日(月)、22日(火)
◉シアター711
 11月21日(月)、22日(火)
 
【購入について】
販売時間は各劇場の公演時間帯(劇場開場時、終演後)、遊覧文庫営業時になります。
※小劇場楽園、シアター711(21日のみ)に貼られている写真を購入ご希望の場合は、お手数ではございますが購入する写真を剥がして、本多スタジオやジンギスカンGakuyaなど他劇場の販売時間にお持ち込みいただき、代金をお支払いください。
 
【価格】(写真は全て厚口の紙に印刷しています)
ハガキ= 100円
A5サイズ = 200円
A4サイズ = 300円
※お釣りの無いようにお支払いいただきますようお願い申し上げます。
 
みなさまのご来場お待ちしております!

手紙など言葉の紛れ込んだ古書を売る幻の書店。各会場で古本の他にもグッズなどを販売。昔ながらの手作り紙芝居も披露。
 

◉開店日:11/12㈯~11/23(水・祝)
◉定休日:11/15(火)~11/17(木)

大人と子どものコンテンポラリーダンス。中山祐一朗からのリクエストで舞台・テレビで活躍中のダンサー・振付家のスズキ拓朗さんが振付を担当。新作おどる童謡『大きなふるどけい』を上演。
 

◉開催日時:11/20(日) 18時~18時半
 
◉開催場所:小劇場B1
◉料金:無料
◉予約:不要
◉演出・振付・出演:スズキ拓朗(CHAiroiPLIN)
◉出演:中山祐一朗・志甫まゆ子・智順・こども

 

▲ スズキ拓朗

 TIME TABLE

  SHIMOKITAZAWA  MAP

 
 

  

 
阿佐ヶ谷スパイダース
080-5838-8169
(平日12:00~18:00

     

▲新Tシャツ発売中!