伊達
みなさまこんにちは。阿佐ヶ谷スパイダース第26回公演「MAKOTO」の東京公演が無事に千秋楽を迎えました。おかげさまで多くのお客様にご来場いただき、劇団化の最初の一歩を見届けていただきました。
そこで、今週末25日(土)26日(日)の大阪、近鉄アート館での「MAKOTO」を前に、長塚と僕、そして大阪にゆかりのある祥太郎、ちすんと座談会を開いてみたいと思います。
 
大久保
どうも、大久保祥太郎です。両親とも関西出身で血的には生粋の関西人なので色々と縁のある大阪で芝居が出来るのはやっぱり嬉しいですね。
 
伊達
祥太郎はしょっちゅう大阪で芝居してるの?
 
大久保
比較的多いですね。前に来たのは梅棒の公演だったので4ヶ月前です。
 
長塚
そうか。梅棒。見てみたかった。今回舞台写真は梅棒の飯野さんに撮ってもらったね。大阪はどこでやったの?
 
大久保
ひょんなきっかけで撮って頂けて面白かったですね。梅田芸術劇場のシアター・ドラマシティです。
メインホールは子役時代に立ったことはあったんですけどドラマシティは初めてで、なんだか綺麗な素敵な劇場でしたね。
 
長塚
阿佐ヶ谷スパイダースが初めて大阪へ出たのは2001年。『日本の女』という芝居。扇町ミュージアムスクエアという、かつて新感線稽古場が屋上にあったとこ。もうなくなっちゃったけどね。次が2002年の『十字架』でこれは近鉄小劇場。2003年に『みつばち』を近鉄劇場で。近鉄もなくなったね。そういった意味ではすっかり変わったんだねぇ。
ちすんは大阪でお芝居するのはいつぶり?
 
ちすん
ちすんは大阪公演5年ぶりです!!
めちゃめちゃ久しぶりです(≧∀≦)
 
伊達
二人とも関西弁出ないね。やっぱ大阪帰ると出るの?
 
大久保
両親は家では関西弁で喋り合ってるので聞き慣れてはいるけど、ちゃんとは喋れないんです。でもちょっとした単語とかで、たまに関西弁になってるらしい。。笑
 
ちすん
ちすんは家では関西弁です!!
あと、酔っぱらうと必ず関西弁になります!!笑
 
伊達
そうなんだね。アサスパも近鉄劇場の後もドラマシティとかピロティ、IMPホールなど大阪には毎度行かせてもらってるので、「MAKOTO」でも行くことができて嬉しいですね。近鉄アート館は初めてだけど誰か使ったことある?
 
大久保
近鉄アート館初めてです。
あべのハルカスにも行ったことないので楽しみですね。
 
ちすん
ちすんもないですー。ハルカスも行ったことない
大阪人なのに…
 
伊達
東京と舞台の形がちょっと変わるんだよね。アート館は舞台が張り出していて、三方を客席が取り囲む形状なんだけど、それに合わせてステージングも調整しないとね。ハルカスって最近できたんでしょ?デパートっていうか巨大複合施設かね。
 
大久保
東京と見え方が全然違いそうですね。
これまたおもしろそう。
 
ちすん
新世界近いから久しぶりに串カツ食べたいなぁ〜
 
伊達
思う存分食べて(笑)。ちすんと祥太郎のお客さんって「MAKOTO」が初めてのアサスパ体験だと思うんだけど、東京公演を観てくれた感想で何か印象的だったものってありました?
 
大久保
圭史さんの頭の中が見てみたいって人がいっぱいいました(笑)
 
ちすん
「初阿佐ヶ谷スパイダース最高でした。好き勝手に暴走させているようで、キチンと伝わるって、長塚さんの恐ろしさをあらためて知りました。そして、舞台じゃなきゃできないことってやっぱりあるんだよねってことを今回の作品で感じました。
小説だと全部書き込まなきゃいけないし、漫画もそう。
あの思考や感情をジャンプさせたり、止めたりってのは舞台じゃなきゃできないよね。」
という感想をもらいました〜。


伊達
個人的な想い出と「MAKOTO」の東京の街並みや出来事がリンクするってことは観る人によってあると思うんだけど、たとえ知らない地名でもやはりこの物語には普遍性があって、大阪のお客さんにも通ずる流れがあるよね。変貌する都市ということでは大阪も同じだし。ちすん、明治通りの地理とかいまいちピンと来ないって言ってたもんね。
 
ちすん
はい、実は、はい、そうなんです
15年も東京に住んでるのに…
でも、大阪に久しぶりに帰ると、わー変わったなーってすごく思います
特に大阪駅(梅田)なんて帰るたんびに変わっていて、すごく戸惑います
電車の乗り換えがスムーズに行かなくなったり、どことどこが繋がっているのかがぜんぜんわからなくて…
大阪駅だけじゃなく、実家の周辺もかなり変わりました
新しいお店がどんどんできて、古い看板がどんどん消えていってます
地元なので、懐かしさもあるけど、なんか知らない街みたいな感じもあって、なんか変な感じです
 
伊達
梅田すごいよね。ヨドバシできて、駅にデッカイ屋根ついて、こないだ長年利用されてきた駅地下の連絡通路もなくなっちゃったしね。でもハルカスも相当なもんでしょ、超高層ビル。新国立競技場もそうだけど、あまりの巨大さに、これを人間が作ったのかと驚愕するんだよね。
さて、今回の「MAKOTO」大阪公演では、8月25日(土)の夜の回のみ、開演前にプレトークなるものを企画しております。東京公演ではすでに何度か開催しているのですが、作品を楽しむ予備知識としていろいろな話を作演出の長塚がします。これが好評です。アサスパとしてもアフターはあれどプレのトークは初なのでどきどきでした。
 
長塚
なかなか好評みたいで安心しました。大阪ではどんな感じになるのか楽しみです。
 
伊達
そして今回、全員野球ということで、物販はもちろん、チケットのもぎりから客席案内までメンバーで担当しております。大阪でも本番前に役者たちが会場内に姿を見せるかと思いますがよろしくお願いいたします。
 
大久保
阿佐ヶ谷スパイダースとしても、僕個人としても劇団になって1発目の公演。そんな新生阿佐ヶ谷スパイダースを関西にお住みの方々にも観て頂きたいです。大阪公演だけ舞台の形状が少し変わるので、東京で観た方でも少し違った見え方になるんじゃないかな。劇場でお逢いできることを楽しみにしております!
 
ちすん
舞台は東京の街だけど、大阪の人が見ても、なにかどこか、似たようなものを感じられるんじゃないかなぁと思います
変わりゆく街だったり、大切なものを失うことだったり、孤独だったり、妄想だったり、人間だったり、、、
とにかく地元大阪でたくさんの方に見ていただきたいです
よろしくお願いします
 
長塚
僕らが初めて大阪に乗り込んだのが17年前。それから殆どの公演を大阪へ持ってきました。しかし劇団として再スタートしたこともあって、驚くほど新鮮な気持ちでいるのです。中村まことをはじめとする総勢9人の新劇団員と、好奇心満載のスタッフ陣でお贈りする新生阿佐ヶ谷スパイダースの最新作をお楽しみに!
 
→大阪公演プレトークについてはこちらへ